体臭の原因と改善方法

スメルハラスメントって知ってますか?

ある程度の年齢になってくるとどうしても自分の体臭が気になってくるものです。

 

しかも、その昔は夏場何て汗臭いことがごく普通のことであったはずなのに、今では汗の臭いどころか、汗をかいている姿すら相手に不快を与えてしまうという理由でこちらが気を使わなければいけない時代になってしまいました。

 

もちろん、そんなのは気にしない!という考え方も1つだとは思いますが、そのような考えでいると今は仕事にも支障をきたしますし、本当にコミュニケーションさえしっかりとできない状態になってしまっています。

 

知らない方も多いのかもしれませんが、スメルハラスメントという言葉をご存知でしょうか?

 

スメル=ニオイ、ハラスメント=嫌がらせという意味ですから、どぎつい香水の匂い、さらには体臭までもが対象になって嫌がらせ行為として捉えられてしまうのです。

 

ですから、自分は体臭なんか気にしないというあなただけの理屈が通じなくなってきているわけですね。

 

公共の場にいる限り、病気の場合を除いて、寝癖や服装と同様に、体臭をしっかりとケアすることが周りに不快感を与えないための最低限のマナーになってきているのです。

あなたの臭いの原因は?

体臭をしっかりとケアしなくてはいけないと言っても、まずは原因が何なのか知らなくてはいけません。

 

ニオイの元になるものは実はたくさんあって、それによって対策が変わってくるのでしっかりと追及する必要があるのです。

 

例えば、汗が渇いて臭いを発している状態と、脇の臭いが気になるのは同じ汗が発端になっていはいるものの、全く異なる対策が必要になる可能性があるのです。

 

さらに、体臭と勘違いしているけど、実は着ている服が臭ってしまっていることもあったり、汗ではなくて加齢臭というものが原因の場合もあるので、本当にしっかりと原因を把握しないと全く意味のない事を毎日やることになる上に、周囲の人から嫌がられるという最悪のパターンに陥ってしまいます。

 

まずは多くの人が抱える臭いの悩みとその原因について、実例を挙げて必要な対策などを紹介していこうと思います。

私が体臭に気をつけようと心変わりしたのは、甥っ子の一言がきっかけでした。私にはかわいい6歳になる甥っ子がいるのですが、その甥っ子が5歳になる夏の日でした。私と甥っ子はいつも通り家で遊んでいて、仮面ライダーごっこをしていたんです。私達はじゃれていて、体の密着しているような状況でした。私は密着している中で、甥っ子に話しかけたのですが、甥っ子は、「お兄ちゃん、臭い」と言われたんです。ちなみに甥っ子らに私のことをお兄ちゃんと呼ばせています。臭いと言われて、一瞬、私は耳を疑いましたが、間違いなく甥っ子は、臭いと私のことを言ったのです、今まで、そのようなことを言われたことがない私は、とてもショックを受け、...
学生の頃から汗をかくと、特にワキのあたりの臭いが人とは違うと感じていました。母親が手汗をかく体質であることから、もしかしたら自分はワキガではないか?と相談した所、衣類のワキ部分のに落ちにくいしみができることからワキガであることが判明しました。夏だけでなくても春先や秋でも半袖で過ごしてもワキだけ汗をかき、その後悪臭がするので、友人と一緒に帰る時間も臭いが気になって少し距離を置くようにするなどをするため、面倒に感じました。自分自身でワキの臭いが気になるため、周りにいる友人たちはどんな風に思っているのか?と不安に感じることもありました。また、体育の授業の後には代えの下着を持っていくなどを工夫もしてい...
体臭ケアを実施しようと思ったきっかけは、自分自身が臭いと思ったという理由ではなく、親友でいつもきれいにお化粧をし、着飾り、パーフェクトに繕っている彼女ですが、臭いが非常に気になるのです。自分では自分の臭いがわからないのだろうなと彼女のそばにいるといつも思います。その証拠に、フレグランスをプレゼントしても、「香水は好きじゃない」と一切つけようとしないのです。なかなか、他人は臭いと正面向いて言ってくれないものです。もしかしたら、自分も体臭があるかもしれないと思うと不安になり、他人を不快にさせないような対策を自分なりにしてみようとおもいました。また、ごく普通に夏になると気になる汗の臭い対策もこまめに...
以前から洗濯するときなどに、時々靴下の臭いがきついことはあったのですが、暑い季節になってからは特に夫が帰宅して靴を脱ぐと、部屋中に悪臭が漂うようになりました。一緒に居る家族も嫌な気持ちになりますし、誰よりも夫自身がその臭いに困っているようでした。そして、この臭いをなんとかしてくれないか、と夫が相談してきました。できるだけ靴下を交換するようにしてみたり、抗菌処理のされた靴下を履くようにしているのですが、1日中歩くことが多い職種なので、どうしても暑い日は蒸れてしまって臭いがきつくなってしまうようなんです。お酒の席などで靴を脱ぐようなところに行くと、本当に気を遣うのでどうにかしたいとのことでした。そ...
私は鼻炎持ちなのもあり、臭いには少々鈍感です。ですから20歳の夏に当時付き合っていた人から臭いを指摘されるまでは、自分がそんなに臭う体質なんだとは全く気づきませんでした。その日はとても暑く、数分外にいるだけでも大変な量の汗が出る程でした。私はうちわを持ってあおいでいてのですが、隣にいた彼から「言おうか迷ってたけど、前から結構臭ってたよ。ちゃんとお風呂入ってるの?」と言われたのです。凄くショックで、その日から臭いに対してかなり敏感に反応するようになりました。まさか自分に体臭があるなんて夢にも思わなかったので本当に傷ついたんですけど、それ以上にどうにかしたいと思いました。
体臭に悩んでいる方の多くは、できるだけ早く臭いの対策をしたいと考えていますよね?しかし、今や本当にいろんな方法があるので、どれがベストなのか本当にわかりにくくなっていると思います。例えば、思いつくだけでも以下のような体臭予防グッズがありますよね?スプレー拭き取りシート抗菌シャツもちろんこういったものはうまく利用することで充分体臭を予防する効果はあると思いますし、汗をかいた後の一時的な対処としては必要不可欠なものであることは間違いないでしょう。実際に私も常に職場のロッカーに入れてありますし、夏場などはできる限り拭き取りシートなどを使って汗を残さないようにしていますし、インナーシャツには抗菌作用が...
足の臭いを気にする方は主に男性だと思われていましたが、最近では女性でも多くの方が気にしていますよね。蒸れやすい夏に限らず冬であってもブーツなどを履くために、蒸れやすい状態になってしまってニオイの原因菌が繁殖しやすい状態なんですね。では、体の中でもどうして足はニオイが発生しやすいのかというと、実は足には汗を出すための汗腺がとても多いことが原因の1つとして挙げられます。もちろん汗そのもののニオイはほとんど無い訳ですが、汗に含まれる成分や足の裏の角質なんかが細菌によって分解されると、ニオイを発する成分が分泌されてしまうわけですね。しかも、足の裏は歩くために全体重を受けても耐えられるように、とても分厚...
私がそもそも臭いと感じる様になったのは運動をするようになった頃からです。社会人になってスポーツクラブに通うようになったのですが、運動を終えて着替えている時に一緒に通っている知り合いから「なんか臭くない?」と言われて、その時はお互いに気が付いていなかったのですが、そんなことが何度かあったため、自分の体臭を疑うようになりました。そして、家に帰って汗をかいた服のニオイを嗅いでみると、想像以上のニオイに驚きました。特に凄いのは脇の下と足です。脇の下はビショビショになるくらいに濡れていました。また足も汗をかきやすく靴下がビショビショになっていました。自分でもニオイを嗅いでみるとやはり臭くなっていました。...
私はある時から自分の体臭がかなり気になるようになってしまいました。ニオイの元はは、「脇」です。自分がクサいのではないかと疑問を持ち始めるようになったのは、13歳くらいの頃だったでしょうか。当時中学校生活をスタートさせたばかりのときでした。最近の子とは違って、当時の学校での服装は、セーラー服の制服の下に体操服の半袖短パンを着用するというスタイルが私の学校では当たり前でした。すごく厚着になってしまうため、できることなら征服と下着だけがいいのですが、暑いということよりも下着が透けないことが重要という雰囲気でした。入学当初はそれでも良かったのですが、初夏間近の5月あたりを迎えた時から制服の中がもわっと...
私は普段あまり顔などに汗をかくタイプではないのですが、なぜかワキにはかなり汗をかく方で、特に暑い日にはワキ汗が結構ひどい状態になります。ある日、シャツの表面から分かるくらいにワキに汗をかいた後、そのまま何もせずに乾かしてしまったところ、ワキの臭いが自分でも分かるほどになっていました。普段から、ワキ用の消臭スプレーは使用していましたが、汗をかいてる状態の時はさほど臭うことがないので、室内に入って乾いた時や、お風呂の前などに気付くことが多いです。