暑い時期のワキのニオイ対策

自分がクサイと感じた瞬間

臭う

私は普段あまり顔などに汗をかくタイプではないのですが、なぜかワキにはかなり汗をかく方で、特に暑い日にはワキ汗が結構ひどい状態になります。

 

ある日、シャツの表面から分かるくらいにワキに汗をかいた後、そのまま何もせずに乾かしてしまったところ、ワキの臭いが自分でも分かるほどになっていました。

 

普段から、ワキ用の消臭スプレーも使用していましたが、汗をかいてる状態の時はさほど臭うことがないので、室内に入って乾いた時や、お風呂の前などに気付くことが多いです。


私のニオイ対策

対策

ワキが汗をかいてる段階では臭いを感じないので、恐らく消臭スプレーが効いてるのだと思います。

 

問題なのは汗が乾いた後です。

 

対策として一番いいのは、除菌効果のあるシートなどでふき取ることなんですが、室内などに入ってから人前でワキを拭くなんてさすがにできないので他の方法で色々試しました。

 

まずは、ワキ汗を吸い取るパッドです。服の内側からワキ部分に貼ると、汗を吸い取ってくれるため、汗の臭い成分が服やワキに残らないので臭いが軽減されると思ったのです。

 

これによって汗をかくたびに吸収してくれるので、実際に臭いが多少わかりずらくなったと思います。また、汗ジミも服につかないので、女性にとっては一石二鳥だと思います。

 

私はこの方法が一番効果的だったと思います。

 

商品も様々ありますが、いい香りの付いたパッドも売っているので、試しにそれを使用した所、ワキの臭いも残っているとは思うのですが、元々パッドに付いているニオイが主張してくるのでかなりごまかすことができます。

 

また使い捨てなので、効果がなくなったと感じたら替えを持っていれば張り替えられますし、もし汗が気になってもワキを服の上から押さえることで吸い取ってくれるので便利でよく活用します。

 

しかも、先ほども言ったように捨てることができるので、時間が経過して臭いを発しても、洋服のようにわざわざ臭いのついた状態のままいる必要がないので安心です。


放置しておくことが問題

乾かす

結構多くの方が勘違いしているのですが、脇汗はそのものが臭いを発するために不快なものではあるんですが、しばらくしてから皮膚の常在菌が汗の成分を分解するときに、さらに臭いのもとになる成分を作ってしまうことが問題なんですね。

 

そのような臭いのもとをデオドラントなどで殺菌するわけですが、パッドなら捨てて交換するだけなので本当に簡単です。

 

もう一つは、汗自体をかかなくするクリームです。外出前にワキに直接塗ることで、汗をかくこと自体を防ぐというものです。

 

こちらは、ノースリーブなどのワキ部分の袖がなく、パッドを貼れない格好の時に使用しています。汗が乾くときに臭うので、その汗自体をかかなくすることで、臭いの対策が出来ます。

 

ただし、ものすごい汗っかきの場合はクリームがべたつくこともあるので完全に防げるわけではありませんでしたが、予防策としては効果あると思います。

 

普段あまり袖なしの服を着ることは少ないのでパッドが一番活用してるアイテムです。

 

これによって、だいぶ気にならなくなり、私にとっては一番効果的で現実的な方法だと思いました。