背中が臭う?私が実際に経験した体臭とその対策

わきと背中が臭う?

私は鼻炎持ちなのもあり、臭いには少々鈍感です。

 

ですから20歳の夏に当時付き合っていた人から臭いを指摘されるまでは、自分がそんなに臭う体質なんだとは全く気づきませんでした。

 

その日はとても暑く、数分外にいるだけでも大変な量の汗が出る程でした。

 

私はうちわを持ってあおいでいてのですが、隣にいた彼から「言おうか迷ってたけど、前から結構臭ってたよ。ちゃんとお風呂入ってるの?」と言われたのです。

 

凄くショックで、その日から臭いに対してかなり敏感に反応するようになりました。

 

まさか自分に体臭があるなんて夢にも思わなかったので本当に傷ついたんですけど、それ以上にどうにかしたいと思いました。

臭いの原因は?

彼にそこまで言われるとなると、さすがに家族は気付いているだろうと思って、さっそく「私の体臭ってキツイ?」と聞いてみると、はっきりと断定されはしませんでしたが、やっぱりちょっと臭いがあるようでした。

 

気にするほどでもないと言ってくれましたが、気を使ってくれたのでしょう。

 

しかも、姉妹そろって、さらに父までも同じような臭いがするらしいので脇の臭いは遺伝だと思いました。

 

そして背中の臭いは自分で色々と調べた結果、食生活が原因にあるのだろうと思いました。

 

脇は常時臭っているようで、自分で鼻を近づけてみると汗をかいていなくても、微かに汗のような臭いがします。

 

背中の臭いは、汗をかいて脱いだTシャツを嗅いでみて、こんな臭かったのかと気づきました。

 

脇は元々なのですが、背中の汗臭さは普段からスナック菓子やお肉ばかり食べていて、食生活が乱れているせいだろうと思い当たったのです。

私が実践した体臭予防方法

まずは毎日ちゃんと湯船に浸かり、たっぷり汗をかくように習慣づけました。

 

汗をかかずにいると、汗腺の機能が低下して、臭いの成分がでやすいという情報があったので、汗をかいて汗腺の機能を取り戻すことで臭いを多少なりとも軽減できるのではと考えました。

 

そして食生活は野菜中心にして、牛や豚に魚、ファーストフードやスナック菓子をあまり食べないようにしました。

 

お肉は食べ過ぎると体臭が強くなると知ったので、食べるとしても鶏を食べるようにしました。

 

それから汗をかいたら汗拭きシートでふいて、特に汗をかくような暑い日には、着替えのシャツを持ち歩くようにしました。

 

制汗剤は、ロールオンタイプを塗ってからスプレータイプを吹きかけるという、二重使いにしています。

 

ロールオンタイプは汗で落ちにくいですし、臭いも抑えてくれやすいので重宝しています。

 

一番体臭予防で効果があると思ったのは、やっぱり汗をかいたらすぐに拭く事です。

 

無臭の抗菌汗拭きシートで綺麗に拭いて、新しい服に着替える事で臭いがかなり抑えられます。

 

そして服も大切で、ちゃんと汗の臭いが取れるように洗濯をする事で体臭も軽減できました。