体臭予防は内側からの改善がとても大切

汗の臭いが気になる

体臭ケアを実施しようと思ったきっかけは、自分自身が臭いと思ったという理由ではなく、親友でいつもきれいにお化粧をし、着飾り、パーフェクトに繕っている彼女ですが、臭いが非常に気になるのです。

 

自分では自分の臭いがわからないのだろうなと彼女のそばにいるといつも思います。

 

その証拠に、フレグランスをプレゼントしても、「香水は好きじゃない」と一切つけようとしないのです。

 

なかなか、他人は臭いと正面向いて言ってくれないものです。

 

もしかしたら、自分も体臭があるかもしれないと思うと不安になり、他人を不快にさせないような対策を自分なりにしてみようとおもいました。

 

また、ごく普通に夏になると気になる汗の臭い対策もこまめにしようと考えるようになりました。

清潔にするのはもちろん、しっかりと汗をかくこともの大事!

体臭ケア方法は、まず私の場合は体内から出る皮脂や汗の臭いが大きいと思い、食べ物の改善や運動を中心的に行うようにしました。

 

内側からくる臭いのもとを絶たなければ永遠にデオドラントなどを使い続けてなくてはならないので、内側からしっかりと改善しようと思いました。

 

食べ物は、ジャンクフードなど油っぽい食事は極力控え、調理方法も、茹でる、蒸す、焼くというシンプルなお料理でお肉や魚、野菜を頂くようにしました。

 

誰が見ても、明らかに体に良いだろうという食事にしました。

 

また、水は1時間にコップ1杯を少しずつ飲む方法で1日に2Lを飲むようにこころがけました。

 

そして、仕事を終えたらスロージョギングをします。

 

水分をとり、汗をかき、体内の循環をよくして、不必要なものを体外に出すようにしました。体の中にこもっている老廃物をすべて外に出すというイメージです。

 

そして、体を清潔に保つために、脇や膝のうら、股など、くぼみになっている部分を優しく丁寧にあらい、臭いを防ぐようにします。

 

菌が臭いのもとになっていると思うので、体を清潔の保つようにこころがけます。

 

洗い終わると、いい香りのするクリームなどで体中を保湿します。

 

日中は、トイレに行くたびに、デオドラントシートで耳の後ろや首、脇などを拭いて、常に清潔にいるようにしました。

やっぱり体内から改善することが大事

体臭を防止するというと、スプレーやフレグランスがすぐ頭に浮かびますが、やはり内側から対処する必要があると実感しています。

 

食べ物を変えることで、例えば排泄物の臭いも抑えることができていますし、体の中から変わらなければ、結局は臭いを断ち切ることができないように思います。

 

デオドラントスプレーやフレグランスは本当に一時的な対処にすぎません。

 

食生活を変える、運動を取りいえることは簡単ではありませんが、やはり苦労をしてこそ問題点を完全に改善することができると思います。

 

その上での、デオドラントスプレーなどの出番です。

 

もともと自分では体臭には気づかないけれど、みんながそれぞれに自分の体に気を使うべきだと思います。

 

そうすれば、体臭だけでなく、体自体が健康になっていくと思います。