足の臭いの原因とケア方法

女性も気になる足の臭い

足

足の臭いを気にする方は主に男性だと思われていましたが、最近では女性でも多くの方が気にしていますよね。

 

蒸れやすい夏に限らず冬であってもブーツなどを履くために、蒸れやすい状態になってしまってニオイの原因菌が繁殖しやすい状態なんですね。

 

では、体の中でもどうして足はニオイが発生しやすいのかというと、実は足には汗を出すための汗腺がとても多いことが原因の1つとして挙げられます。

 

もちろん汗そのもののニオイはほとんど無い訳ですが、汗に含まれる成分や足の裏の角質なんかが細菌によって分解されると、ニオイを発する成分が分泌されてしまうわけですね。

 

しかも、足の裏は歩くために全体重を受けても耐えられるように、とても分厚い角質で覆われていますから、体の他の部分よりも垢がでやすいんですね。(垢というのは古くなって剥がれ落ちた角質です)

 

そのため、足というのは

 

  • 細菌のエサとなる成分や角質が多い
  • 細菌が過ごしやすい高温多湿という条件

 

という、ニオイを発するために必要な条件が揃ってい仕舞っているために、臭くなって陶然と言っても過言ではないくらいなのです。


足の臭いケア

靴下

では、足の臭いをできるだけ軽減するためにはどんなことが必要なのでしょうか?

 

先ほども説明したように、足というのは臭いの原因が多くあり、さらにもとになる細菌が育ちやすいために臭いがきつくなりやすいのでしたね。

 

つまり、

 

  • できるだけ臭いのもとになる細菌のエサを減らすこと
  • 細菌が育ちやすい環境(高温多湿)を作らないこと

 

がとても大切になってくるわけです。

 

まずは、細菌のエサである汗と角質を少なくすることですね。

 

これに必要なのは、靴下を必ず履くことと、こまめに交換することがまず必要ですね。

 

汗を少なくすると言っても意識してできることではありません。そのため、まずは靴下に染み込ませておいて、交換することで取り除くということをするわけです。

 

稀に靴下を履かなければ臭いがしなくなると思う方もいるのですが、汗を吸い取らない分靴の中に染み込んでしまうために、臭いがより一層強く、しかも取れにくい状態になるので注意が必要です。

 

また、抗菌作用のある靴下を履くのも有効ですね。

 

さらにエサとなる角質を極力取り除くことです。

 

前にも言った通り、足というのは体重を支えたり、地面からの刺激に強くするために表面の皮がとても厚くなっています。皮膚の表面というのは一定期間ごとに古いものが剥がれて、また新しく生まれ変わるというサイクルを繰り返しているのですが、皮膚が厚くなれば当然古くなって剥がれる量も多くなるわけです。

 

つまり、細菌にとってのエサ量が増えるのですね。

 

そのため、ニオイをできるだけ軽減したいという場合は、かかとなどの角質除去を自分でやってみるといいでしょう。

 

女性であれば角質が厚くなるとかかとがひび割れてストッキングが伝線したりするのでケアしている方も多いのですが、男性では意外と気にしていないものです。

 

しかし、角質を定期的に除去することでニオイを作り出す細菌のエサが少なくなるのでやっておいた方がいいと思います。

 

そして、最後に靴の中が高温多湿にならないようにするということですが、ビジネスマンの多くが革靴を履くことが求められる中で、通気性を良くするのは簡単ではありません。

 

しかし、中敷きなどで湿気を吸い取る効果のあるものもありますので、そのようなものを使用してできるだけ臭いが出にくくなるように心がければいいと思います。